施工内容

painting
塗装について

外壁塗装

長い年月の経過とともに、風雨にさらされ続け劣化(ひび割れ、表面が粉っぽくなる等)する外壁。

目立ったものがなければ気づかず、放置されてしまいがちです。お住まいの補修・補強という点でも「外壁塗装」は大きな意味があり、気づかないまま建物の劣化が進むと修繕・交換に費用がかかり、大きな負担になってしまいます。安心・安全なお住まいを長く維持するため、定期的な点検(目安は10年程度)をお勧めいたします。

内部塗装

お住まいの塗装というと外壁塗装や屋根塗装がほとんどですが、もちろん室内、お部屋などの内装も塗装が可能です。

お子様の落書きで室内の壁が汚れた、張り替えた壁紙が破れてしまったなどを理由に内装を変更したいなど、内部の塗装を変更したい場合、お客様のご要望に応じて、豊富なカラーバリエーションから理想の雰囲気を実現し、塗料の使い分けや仕上げを工夫し、壁紙では出せない塗装ならではのご提案を行います。

鉄骨塗装

通常、鉄骨(鉄部)に塗装が施された状態ではサビ(錆び)は発生しませんが、年月の経過とともに、日差しや雨、紫外線などで劣化(ひび割れ)などが生じます。

鉄骨がむき出しの状態になると、サビ(錆び)が発生し、横広がりと鉄の細部の腐食が同時に進行し、塗装されている鉄部の塗料が剥がれ落ちたりします。

鉄骨塗装を良好な状態で維持するためには、定期的な補修やメンテナンスが必要とされてきます。

瓦屋根塗装

長い年月の経過とともに、日差しや雨、紫外線などで劣化してしまうと雨水を吸収するようになって脆くなってしまい、放置するとさらにひびが大きくなり欠けてしまうこともあります。

瓦屋根の種類にもよりますが、国家資格取得者が屋根診断をしっかりと行い、塗装内容をご説明させていただき、十分ご理解、ご納得いただけたうえで、お客様のご要望などがありましたらお伺いし、屋根塗装を行います。なお、屋根点検は約8年~10年に一度はお勧め致します。

各種防水・シーリング

建物において「外壁ボード間のつなぎ目」や「外壁とサッシの隙間」といった、動きの多い目地(部材間の継ぎ目)に防水性・機密性等を保持・向上させることを目的とした工事を行います。

防水工事やシーリング工事により、建物の隙間からの雨水や風の侵入を防ぎ、機能性や財産的価値を保持することに繋がります。

施工前の防水機能の状況や周辺地域の環境など調査を行い、最適な防水・シーリング工事を行い、お客様のニーズを満たすご提案を行います。

解体リフォーム

長い年月の経過とともに、設備の劣化はもちろん、家族の形やライフスタイルが変化していきます。

今のライフスタイルに合わせたリフォームを行うことでさらに暮らしやすくまた節電・節水など環境への取組みも行っていくことが可能です。

「最近調子が悪い」「使い勝手が悪くなってきた」などございましたらお気軽にご相談ください。